TOEICはグローバル企業に入る武器になる!語学留学で英会話をマスターしよう

これからの国際社会に貢献するためにも、語学研修などを取り入れて、英会話ができるだけではなく、国際社会に通用する人材へと成長していく必要があるのではないでしょうか。

英語翻訳を自分の職業にするには

英語翻訳を職業にしたいと考えたとき、特別な資格や、必須な事項はありません。しかし、英検1級・TOEIC900点台の英語力は必要であると言われています。

もし翻訳専用会社に勤めることができれば、一定量の案件が来るため、安定した生活を送ることができます。しかし求人数は少なく競争率が高いため、大半の翻訳家は、翻訳会社に登録し、不定期に仕事をもらいます。

今後、日本のグローバル化はますます進んでいくため、映画や本、海外ドラマなど、翻訳家の仕事は増えていくでしょう。機械の英語翻訳の能力もまだ低いため、需要がある職業です。

英語翻訳は女性に大人気のある仕事のひとつです

英語翻訳は在宅でもできる知的な仕事のひとつなので、いつの時代でも大人気です。特に、英語の得意だった主婦が通信教育や、スクールなどで勉強して翻訳技術を身に付けた後、フリーランスで仕事を受注するパターンが多いです。

最近ではクラウドソーシングなどで、英語翻訳初心者でも仕事を探しやすくなりましたので、翻訳者として参入するチャンスが多くなりました。翻訳者は実力さえあれば、生涯ずっと仕事を続けることができます。しかも、ネットに繋がったパソコンさえあればどこにいても仕事が可能ですので、シニアになってから、翻訳者として仕事を始める方もいるようです。

英語翻訳で英語力を高めよう

英語を勉強するときに、いろいろなやり方があると思いますが、その中でも一番効果的な方法は英語翻訳ではないかと考えます。

翻訳は通訳や会話で使う英語と違って時間がある分、精度が求められます。だからこそ、英語の本質を理解していないと訳すことができませんので、自分の英語力を高めるのには最適です。ただ、自分の英語翻訳が本当にあっているのかどうか不安なときは無料のソフトやアプリを使ってもいいですし、有料で添削してもらってもいいでしょう。

自分の実力がどんどん伸びていくのがわかると思います。通訳よりも翻訳で自分の実力をつけてみるとよいでしょう。

自然な文章に仕上がる英語翻訳のコツ

英語翻訳をする際、単語の品詞に意識が行き過ぎないようにするとより良い翻訳することができます。品詞を重視して翻訳すると、機械的に翻訳した文になり、全体が固い文となりがちです。もちろんそれでも意味は通じますがワンステップ上の文章を目指すなら、翻訳する英文に適した日本語を選択しましょう。そうすることで品詞に囚われていない、読んでも違和感がない、自然的な日本語の文章に仕上がります。

もしいつも翻訳していて機械的な文章でしたら、自然な日本語の文章になるように翻訳してみてください。できれば他の人に確認してもらうと翻訳のレベルは上がりやすいです。

英語翻訳と通訳とではどちらがいいか

映画が好きだけど、通訳か翻訳かに悩んでいる方も結構います。じっくりと英語に取り組みたいのなら、英語翻訳のほうがいいかもしれません。

英語の本質がわからないとなかなかできませんし、好きならなおさらしっかりと仕事をしたいとおもうはずですので、それを考えるなら翻訳のほうがよいといえるでしょう。

英語をするとなると通訳のほうが目立ちますし、翻訳は地味なように感じますが、英語が好きならやはり後者のほうが向いていると考えます。最近ではいろいろなソフトも出ていますので、それらを参考にして翻訳の勉強をしてもいいでしょう。

英語翻訳と翻訳会社についての情報

質の高い英語翻訳会社
専門の翻訳会社に英語翻訳を任せよう
さまざまな方法で英語翻訳
英語翻訳をする翻訳会社選びは慎重に
翻訳会社による細かな対応
高品質なサービスの翻訳会社
翻訳会社に依頼する場合の料金

「TOEICはグローバル企業に入る武器になる!語学留学で英会話をマスターしよう」へのお問い合わせはこちらから。英語翻訳をする翻訳会社選びについてや英語講師募集の求人探し、こだわりたいオリジナルTシャツ作成に関する情報をまとめてご紹介しております。